平屋と二階建ての違いとは?どちらがおすすめか解説します!

(2022年09月09日)

マイホームの建築をお考えの方の多くは、2階建てにされる予定ではないでしょうか。
そのような方々に向けて、平屋の選択肢を提案します。
今回は、平屋と2階建ての違いをメリットを用いて解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

□平屋と2階建ての違いとは?平屋のメリットについて!

1つ目のメリットは、階段がないことです。
平屋は2階部分がないため、階段の上り下りがなく、移動の負担や転落の危険がありません。
親と同居する場合や高齢者がいるご家庭では、特に重要な項目でしょう。

また、子供が小さいうちは、階段で事故が発生する恐れもあります。
平屋であればその心配はないので、安心して生活できるでしょう。

2つ目のメリットは、動線がまとまりやすいことです。
2階建て住宅の場合、フロアごとに動線を考える必要がありますが、平屋ではその必要がありません。
1つのフロアにすべて集約されているため、生活動線が考えやすく、部屋の役割ごとにまとめやすい点が魅力と言えます。

3つ目のメリットは、間取りの自由度が高いことです。
2階建ての場合は、階段の位置や2階のことを考えなければなりません。
平屋は家のどの場所であっても自由に使えるため、間取りの自由度は高くなります。
解放感のある高い天井を設けられるため、アイデア次第で平屋にしかできない家になるでしょう。

□意外と知られていない2階建て住宅のメリットについて!

1つ目のメリットは、土地が狭くても希望通りの家が創りやすいことです。
平屋は2階建てに比べて、同じ土地面積あたりに使える間取りが半分ほどになってしまいます。
既に土地を購入している場合や決まっている場合は、土地の面積に応じて2階建て住宅を選ぶと良いでしょう。

2つ目のメリットは、プライバシーを確保しやすいことです。
平屋は人の視線と同じ高さにすべての部屋があるため、プライバシーの確保が難しくなってしまいます。
プライベートを徹底的に確保したい方には、2階建て住宅が適しているでしょう。

3つ目のメリットは、固定資産税が抑えやすいことです。
固定資産税を決めるのは、土地の広さだけではありません。
屋根の大きさや形状によっても、固定資産税は異なります。
平屋と2階建て住宅では、後者の屋根の方が小さい傾向にあるため、固定資産税を抑えられます。

□まとめ

今回は、平屋と2階建てのそれぞれのメリットについて解説しました。
平屋と2階建ての違いやメリットについて理解していただけましたでしょうか。
小浜市・おおい町周辺でマイホームの建築をお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。