家づくりでやってよかったこととは?やらなきゃよかった例と併せてご紹介します!

(2022年05月23日)

家づくりにおいて、家を建てた後に「あれをやっておけばよかった」や、逆に「これはやらなくてよかったな」と後悔する方も少なくありません。
一生に一度の家づくりにおいて、後から後悔はしたくありませんよね。

そこで今回は、家づくりでやってよかったことと、やらなきゃよかったことの例をご紹介します。

□家づくりでやってよかったこと


まずは、家づくりでやってよかったことの例を3点ご紹介します。

1点目は、動線を意識して間取りを考えたことです。
動線とは、建物の中で人が自然に動く経路を線で表したもので、動線を意識して間取りを考えることで家事などを効率的に行えます。

2点目は、玄関を広めにしておいたことです。
玄関は、思っていたよりも多くのものを収納することになるかもしれません。
靴などで溢れかえった玄関は、見た目が良くないですよね。
また、特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、ベビーカーや外での遊び道具を玄関に収納できると衛生面でも安心です。

3点目は、高気密・高断熱の設計にしたことです。
住宅を高気密・高断熱の設計にすると、暑い夏には涼しく、寒い冬には暖かく、1年を通して快適に過ごせます。

□家づくりでやらなきゃよかったこと


次に、家づくりでやらなきゃよかったことの例を3点ご紹介します。

1点目は、収納スペースが少なかったことです。
新しい家で生活し始めると、だんだんとモノが増えてきます。
その際、収納スペースが少ないと、モノで溢れかえった家になってしまいます。
こうなってしまうことを防ぐためにも、収納スペースは広めにとっておきましょう。

2点目は、寝室とトイレを近くに設置したことです。
寝室とトイレが近くにあると、夜中に家族がトイレを使用したときに寝室で寝ている方が起こされてしまうかもしれません。
こういったことを防ぐために、寝室とトイレは離しておきましょう。

3点目は、家具を設置した後のイメージを持たなかったことです。
ことらは特にリビングでよくあることですが、家具を設置する前は広く見えても、設置後には狭く感じてしまう場合があります。
そのため、リビングの間取りを考える際は、家具を設置した後のイメージを持っておきましょう。

□まとめ

今回は、家づくりでやってよかったことと、やらなきゃよかったことの例をご紹介しました。
今回の情報を参考にして、理想の家づくりを実現させてください。
何かわからないことがあった方や、小浜市・おおい町周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方は、当社にご相談ください。