注文住宅をお考えの方へ!住宅ローンを組む流れを解説します!

(2022年05月09日)

「注文住宅を住宅ローンを組んで購入したいので、住宅ローンを組む流れを知りたい」
「住宅ローンを組む際の注意点を知りたい」

住宅ローンを組む予定の方は、このようなお悩みを持っていらっしゃることが多くあります。
そこで今回は、住宅ローンを組む流れと組む際の注意点について解説します。
ぜひ参考にしてください。

□住宅ローンを組む流れ


住宅ローンを組む流れは、大きく以下の5つのステップに分けられます。

ステップ1は、ローンの種類と金融機関の決定です。
住宅ローンの借り入れ審査に進む前に、まずはローンの種類や借り入れる金融機関を決めます。
住宅ローンの種類としては、通常の民間ローンや、借り入れ条件がやさしいフラット35などがあります。
また、住宅ローンを借り入れる金融機関は、不動産会社やハウスメーカーと提携している機関であると金利が低くなることがあります。

ステップ2は、事前審査です。
購入する物件を決めたタイミングで、金融機関へ事前審査を行います。
事前審査にかかる期間は、1週間弱となっています。

ステップ3は、本審査です。
事前審査をクリアすると、次は本審査に進みます。
本審査にかかる期間は2週間弱となっています。

ステップ4は、契約の手続きです。
本審査を通過すると、住宅ローンの借り入れ契約を結びます。
この際、住宅と土地を担保に入れる抵当権の設定などを同時に行います。

ステップ5は、ローンの借入です。
最後に、借り入れた住宅ローンで物件を購入します。

□住宅ローンを組む際の注意点


ここでは、住宅ローンを組む際の注意点を2点ご紹介します。

1点目は、無理のない返済計画を立てることです。
住宅ローンを借り入れて新しい家に住み始めた後は、毎月の返済に加えて税金や光熱費などのランニングコストもかかります。
これらの費用も考慮して無理のない返済計画を立てましょう。

2点目は、金利の種類を理解しておくことです。
住宅ローンの金利には、大きく分けて「固定金利」と「変動金利」の2種類があります。
固定金利は、計画的にローンを返済したい方におすすめです。
変動金利は、短期間で完済予定の方や、資金に余裕がある方などにおすすめです。

□まとめ

今回は、住宅ローンを組む流れと組む際の注意点について解説しました。
今回の情報を、住宅ローンを組む際にぜひ役立ててください。
何かわからないことがあった方や、小浜市・おおい町周辺で注文住宅やリフォームをお考えの方は、当社にご相談ください。