注文住宅をお考えの方へ!後悔しないためのトイレとは?

(2022年02月16日)

注文住宅の間取りを考えることは、人生で1度あるかないかの一大イベントで、ワクワクしますよね。
その反面、わからないことも多く、こだわりたいけど手が止まってしまうという方も多いのではないでしょうか。
今回は、トイレに焦点を当て、考慮すべきポイントや設備について解説しますので、ぜひ最後までご参考ください。

□注文住宅でトイレを決めるときに考えておくべきポイントをご紹介します!

トイレは家に占めるのは小さな面積ですが、毎日使いますし、来客時も良い印象を与えたい場所ではないでしょうか。
この項では、トイレを作るときに考慮したいポイントを3つご紹介します。

1つ目は、場所と間取りです。
トイレは家の中で最もプライベートな空間にする必要があります。
したがって、人通りが多い場所、食べ物を扱う場所からは離したほうが良いでしょう。
また、寝室に近いとトイレの流水音に眠りを妨げられる可能性もあるので、防音性をあげたり隣り合わせにしたりしないといった工夫が必要です。

2つ目は、種類や機能です。
トイレには、タンク一体型、タンクレス、タンクと温水洗浄便座組み合わせの3タイプがあります。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、費用、使い勝手、見た目など優先順位を決めて選ぶと良いでしょう。

3つ目は、手洗い場の有無です。
トイレと洗面所は近くにしておいたほうが楽ですし、トイレの中に作ってしまっても良いでしょう。
洗面台はデザインも大きさもさまざまな物があるので、家族の好みの雰囲気に合わせて決めると良いでしょう。

□あると使い勝手が上がる?必要なトイレの設備をご紹介します!


トイレに最低限必要な設備は、便器とトイレットペーパーホルダーでしょう。
また、タンクレストイレの場合は洗面台を別で設置する必要がありそうです。
使い勝手を良くしたいなら、トイレの掃除用具を収納する場所をあらかじめ設計しておくと、すっきりとしながらも掃除がしやすいトイレになるでしょう。

トイレは広すぎても狭すぎても快適とは言えません。
トイレにどのくらいのスペースを割くと良いのかはご家庭の希望や土地の広さにもよって変わってきます。
どのような雰囲気が良いのかご家族で話し合って、ぜひ細部までこだわってみてください。

□まとめ

今回は、注文住宅をご検討中の方に向けて、トイレに関連した考えておきたいポイントや、設備をご紹介しました。
当社は、どんな些細な不安や希望も気軽に相談できるパートナーでありたいと思っています。
小浜市・おおい町周辺で、本当に納得できる家づくりをご検討中なら、ぜひ当社にお任せください。