注文住宅の打ち合わせにかかる期間はどのくらい?

(2021年12月02日)

小浜市にお住まいの方で、注文住宅を建てたいとお考えの方がいらっしゃると思います。
打ち合わせは、注文住宅を購入するにあたってとても重要なものです。
間取りや設備など決めることは山ほどあります。
そのため、期間や回数を大まかに知ることは重要です。
今回は、注文住宅の打ち合わせにかかる回数や期間、コツをご紹介します。

□打ち合わせの回数や期間をご説明します!

注文住宅が、人生で1番高額な買い物になるという方は非常に多いと思います。
そのため、できるだけ理想に近づけたいですよね。
そこでここでは、理想の住宅にするための打ち合わせにかかる回数と期間をご紹介します。

新しく注文住宅を建てる際の打ち合わせの回数は、10回~25回が一般的です。
1番多く打ち合わせを行う段階は、着工前です。
着工前だけで、10回以上打ち合わせを行うこともあります。
理想の住宅を追求すればするほど打ち合わせの回数が多くなる傾向にあります。

反対に、あまりこだわらない方は4回~5回という場合もあります。

このような回数に比例して、期間も長くなります。
平均としては4ヶ月~6ヶ月、長い場合は1年以上かけて打ち合わせが行われることもあります。
内装や外装などのベースになる部分は、着工前に決める必要があるので、打ち合わせの期間が長くなるのは必然と言えます。

工事中や、引き渡しの前にも数回打ち合わせを行います。

□打ち合わせの際のコツをご紹介します!

上記では、打ち合わせを行う際の回数や期間についてご紹介しました。
ここからは、スムーズに打ち合わせを進めるためのコツをご紹介します。

*必要な部屋数や間取りを大まかに決めておく

注文住宅を作る際の専門的な知識を持ち合わせていなくとも、住宅にいくつ部屋が欲しいか、どのような間取りにしたいかはある程度決められます。
ある程度決めておくことで、スムーズに打ち合わせを進められるでしょう。

*予算を決めておく

注文住宅の方向性を大きく動かすのは、予算です。
理想の住宅を建てようとしても、予算が足りなければ建てられません。
そのため、あらかじめ予算を決めておき、そこから全てを決めるのが良いでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の打ち合わせにかかる回数や期間、コツをご紹介しました。
打ち合わせの一般的な回数は、10回~25回程度と大きく差があります。
注文住宅にこだわればこだわるほど、期間も回数も多くなります。
その点を考慮して、打ち合わせに挑むと良いでしょう。