注文住宅の注意点とは?おすすめのリビング間取りもご紹介します!

(2021年10月02日)

この記事をご覧の皆さんは
「注文住宅を建てる際の注意点を知りたい」「リビングの間取りに悩んでいる」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで今回は小浜市にお住まいの方に向けて、注文住宅を建てる際の注意点と、おすすめのリビングの間取りについて解説します。

□注文住宅を建てる際の注意点をご紹介!

注文住宅を建てる際はコンセントの位置や数を誤ってしまったり不便な収納を作ってしまったりなど、失敗がつきものです。
そこで今回は注文住宅を建てる際に注意すべきポイントについて解説していきます。

1つ目は可変性のある間取りにすることです。
子ども部屋や寝室などはある程度可変性があると、後に間取りを変えるときも柔軟に対応できます。
仕切った際に間仕切り壁と干渉しないよう、エアコンの配管や窓の位置などに十分注意してください。
また収納内部もあまり作りこまないようにすると、収納するものに合わせて調節できるので便利です。

2つ目は家事動線と生活動線を考慮することです。
家事動線を意識した回遊動線はこだわりすぎると生活動線に悪影響が及んでしまいます。
例えばキッチンから玄関への動線が長いと次第にストレスが溜まってしまうでしょう。
動線を短くすること、そして家事動線と生活動線を干渉させないようにすることが、何よりも大事です。

3つ目は見た目や流行をこだわりすぎないことです。
例えば薪ストーブはおしゃれですが手間がかかりますよね。
また床暖房は最近人気で快適ではありますが、立ち上がりが遅いので家に家族がいる時間が少ない家庭にとっては不便でしょう。
このように実際使っている様子をシミュレーションしたり家族の生活スタイルを考えたりして、じっくり検討していきたいですね。

□おすすめしたいリビングの間取りをご紹介!

1つ目はリビングとダイニング、キッチンを一体型にすることです。
リビングとダイニングをつなぐと食事の際に移動がスムーズになりますよね。
またキッチンがついていると料理をしながらでもコミュニケーションが取りやすくなります。

2つ目はリビング階段を設置することです。
リビングに階段を設置することで家族間のコミュニケーションが盛んになりやすいです。
ただ冬場は冷気が上から降りてきやすく、リビングが寒くなりやすいので、対策をとることが必要です。

□まとめ

この記事では、注文住宅の注意点について解説しました。
注文住宅を建てる際は上記で紹介した3点に注意しましょう。
フジホームでは厳しい現場管理体制で、安心できる住まいづくりの実現を目指しています。
この記事を注文住宅を建てる際の参考にしていただけると幸いです。