小浜市で注文住宅をお考えの方向け!内装のデザインのポイントとは?

(2021年08月16日)


「デザインがありすぎて、内装を決めるのが難しい」
「おしゃれな内装に仕上げたい」
こんな風にお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は内装をデザインする際のポイントを紹介します。
注文住宅を建てる際はぜひ参考にしてみてください。

□新築内装のデザインが難しい理由とは

新築内装のデザインは以下の理由により難しいです。

1つ目はデザインが多すぎるからです。
住宅のデザインが多様化している今、どれが良いのか一つ一つ見ていたら時間が足りません。
具体的な例だと、モダンだけでも、ナチュラル、ミッドセンチュリー、ラグジュアリー、北欧、アジアンなど国、時代別に分かれています。
細かく見ていくと、一向に決まらないため、大まかにモダン、和風、洋風と分けて考えるようにしましょう。

2つ目は家電、家具との相性が分からないからです。
内装は、壁紙やフローリングにこだわることも大切ですが、家電、家具との統一感も大切です。
どんな家電、家具を置くのかをイメージしながら内装のデザインを決めましょう。

3つ目は間取りとのバランスが難しいからです。
部屋の形、窓の配置などでもデザイン性が変わってきます。
また、デザイン性だけでなく、間取りは機能性も考慮する必要があります。

4つ目は家族で意見が分かれるからです。
全員で納得するデザインを見つけるには話し合うしかありません。
これから長い間住んでいくものなので誰一人不満が残らないようにしましょう。

□内装を考える際に注意すべきポイントとは

内装を考える際は以下のポイントに注意しましょう。

1つ目はコンセントの配置です。
内装を考える際に見落としがちなのがコンセントの配置と数です。
実際暮らした際にどこに何個コンセントが欲しいのかをシミュレーションしておきましょう。

特に見落としがちな場所が、ウォークインクローゼットの中です。
照明がないと、中の物が見えづらく、ストレスが溜まります。

2つ目は収納の充実さです。
収納を考える上で気を付けたいのが、しっかり使える収納であるかです。
収納の面積を広げることだけに意識がいってしまい、使える収納は少しだけという失敗がよくあります。
どんな荷物をどこに収納したいのかを考えて、活用できる収納のスペースをとるようにしましょう。

□まとめ

内装を考える際のポイントについて解説しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様の満足のいく内装決めの手助けになれば幸いです。
また、小浜市にお住まいの方で注文住宅を建てる際はぜひ当社にお任せください。
専門の知識と技術でお客様のご希望にそった住宅を建てさせていただきます。