注文住宅の購入を検討している方へ外観を決める際のポイントを解説します!

(2021年05月16日)

「おしゃれな外観にするには、どこに気をつければ良いのだろう。」
おおい町で注文住宅をお探しの方で、このように思われている方はいらっしゃいませんか。
長く暮らす家だからこそ、外観にはこだわりたいですよね。
そこで今回は、外観を決める際のポイントについて詳しく解説します。

□注文住宅の外観の決め方は?

この章では、注文住宅の外観で失敗しないために、外観を決める際のポイントについて解説します。
外観を決める際のポイントは、大きく3つあります。

まず1つ目は、色を単色にすることです。
外観に使う色は、単色もしくは2色がおすすめです。
3つ以上の色を組み合わせるのは難易度が高く、落ち着きのない家に仕上がってしまうこともあります。
2色を用いる場合は組み合わせが重要になるため、家を建てる前に完成予想図で色の相性を確認してください。

次に2つ目は、デザインイメージを先に決めてしまうことです。
和風か洋風かによっても選ぶ素材や形状が変わってくるため、間取りや生活設備を決める前に、デザインイメージを絞り込みましょう。
先にデザインを決めておくことで、屋根材や外壁材の決定がスムーズに進みます。

最後に3つ目は、窓を間取りだけで決めてしまわないことです。
窓の配置を間取りや内装に合わせて決める方が多いですが、そうすると外からの見た目が悪くなる場合があります。
窓の種類や位置は、住まいの外観に大きな影響を与えるため、住宅全体のバランスを見ながら決めるようにしましょう。

□ローコストでおしゃれな外観にするには?


「外観にもこだわりたいけれど、なるべく費用は抑えたい。」とお考えの方も多いですよね。
そこでこの章では、ローコストでおしゃれな住まいを建てたい方におすすめの素材を2つ紹介します。

*窯業系サイディングボード


コストをなるべく抑えたい方には、外壁材として窯業系サイディングボードがおすすめです。
この外壁材は、デザインの豊富さや施工のしやすさが特徴です。
そのため、お客様の外観の好みに合わせて柔軟に対応できます。

*スレート屋根


続いて、屋根材としておすすめするのがスレート屋根です。
セメントと繊維材で作られているこの屋根は、シンプルなデザインが特徴です。
重量も軽く施工しやすいため、どんな住まいにもマッチするでしょう。

□まとめ

今回は注文住宅の外観の決め方や、ローコストでおしゃれな外観づくりにおすすめの素材について解説しました。
いくつかのポイントを押さえるだけで、おしゃれな住まいを建てられます。
注文住宅の外観にお悩みの方は、今回の記事をぜひ参考にしてください。