注文住宅の購入を検討している方へ!失敗しない家づくりのポイントを紹介します!

(2021年04月09日)

「注文住宅を建てたいけれど、失敗したらどうしよう。」
「どこに気をつけて家づくりをしたら良いのかな。」

おおい町に注文住宅をお考えで、このように思われている方はいらっしゃいませんか。
今回は、家づくりで失敗しないためのポイントを解説します。
注文住宅の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

□家づくりの失敗例を紹介!

家づくりで失敗しないためには、良くある失敗を知っておくことが重要です。
そこでこの章では、キッチンと玄関の失敗例をそれぞれ紹介します。

*キッチンの失敗例


キッチンの失敗で良くあるのは、スペース不足です。
キッチンは冷蔵庫や電子レンジをはじめ、さまざまな家具を設置します。
キッチンの間取りを決める際は、家具の場所や調理器具の収納場所も同時に決めるようにしましょう。

また、キッチンの高さと身長が合わずに失敗する方もいます。
毎日のストレスや腰痛の原因にもなるため、作業台の高さをきちんと確認してください。
自分に合う高さが分からない方は、一度ショールームに足を運んでみると良いでしょう。

*玄関の失敗例


玄関の失敗例で最も多いのは、収納の少なさです。
玄関の収納は靴だけでなく、アウトドアグッズや遊び道具を片付けるのに役立ちます。
また小さい子供がいる家庭は、習い事や趣味としてスポーツを始める場合もあるため、そのときに備えて広めの収納を確保しておくと良いでしょう。

□失敗しないためのポイントとは?


この章では、家を建てる際に押さえてほしいポイントを2つ紹介します。

1つめは、部屋の広さや位置関係を前もって体感しておくことです。
完成後にイメージのずれが起こりやすいのが、部屋の広さです。
これは、設計中に家具を配置した後の様子をうまくイメージできていないから起こります。

イメージのずれをなくすために有効なのは、プランを決定する前に住宅展示場や友人の家を見て、家具がある状態を体感することです。
また3Dシミュレーションを採用している会社であれば設計段階で家の雰囲気が分かるため、見せてもらうことをおすすめします。

2つめは、間取りを決める際に家事や生活の動線を考えることです。
動線がうまく引かれていない家で暮らすと、ストレスを感じてしまいます。
普段の生活や家事をイメージして、それらがスムーズに行える間取りを設計しましょう。
動線を考える上でのコツは、同じ時間帯に家族の動線が重ならないよう工夫することです。

□まとめ

今回は、家づくりで良くある失敗例や家を設計する際のポイントを紹介しました。
きちんと情報を集めて、慎重に打ち合わせを重ねることが重要です。
注文住宅に関して分からないことがあれば、いつでも当社へご相談ください。