注文住宅での壁紙の選び方は?壁紙の種類などをご紹介

(2021年02月16日)

注文住宅を購入したいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅の内装の大部分を占める壁紙についてしっかり考えたい方は多いですよね。
壁紙は、色だけでなく素材も自由に選べます。
しかし、素材ごとの特徴や違いがよくわからない方は多いでしょう。
そこで今回は、壁紙の種類と選び方について解説します。

□壁紙の種類を紹介

壁紙には様々な種類があり、特徴も異なります。
以下に代表的な壁紙を紹介します。

ビニールクロスは、比較的安価でベーシックな壁紙です。
汚れが落ちやすいため、掃除が楽です。
消臭機能や抗菌機能を兼ね備えているものが多く、ペットがいる家庭におすすめですね。

珪藻土は、自然素材ながら機能面に優れています。
珪藻土には、消臭機能と調湿機能があります。
湿度の高い夏には、室内の湿気を吸収し、乾燥する冬には水分を放出します。
また、自然素材特有のナチュラルな風合いも楽しめます。

織物や布を使用した壁紙は、珪藻土と同様に温もりを感じやすい素材です。
加えて、高級感を出しやすい素材であるため、寝室やリビングなど雰囲気を出したい部屋におすすめです。
そのほか、丈夫であり、経年劣化を楽しめる点も魅力の1つです。
遮音性や断熱性も高く、機能面でも安心な素材です。

□壁紙の選び方とは?

上記で紹介したように、壁紙には様々な機能や見た目の特徴があります。
これらの中から、どうやって最適な壁紙を選べば良いのでしょうか。

*部屋のイメージを明確にする

壁紙は、部屋全体の雰囲気に大きな影響を与えます。
そのため、部屋をどのような雰囲気にしたいのかを先に明確化させてから、そのイメージに合う壁紙を選びましょう。
また、家全体の雰囲気を一致させると、統一感が出やすいです。
そのため、各部屋で雰囲気が似るようにすると、センスのある内装になります。

*他の要素を考慮して色合いを決める

壁紙選びの際、床やドア、家具など室内の雰囲気に影響を与える要素の色調を考慮して考えることをおすすめします。
壁紙単体で色を考えると、空間全体を見た時に統一感のない空間になる可能性があるからです。

*ライフスタイルに合った壁紙を選ぶ

壁紙を選ぶ際には、色や質感だけでなく機能性にも注目しましょう。
消臭機能や調湿機能など壁紙には様々な機能を備えたものがあります。
その部屋でどのような生活を送るのかを想定して、それに合った壁紙を選ぶのも大切です。

□まとめ

ここまで、壁紙の種類と選び方について解説しました。
壁紙の素材の特徴を把握しておくことで、各部屋に最適な壁紙を採用できます。
今回の記事を参考に、壁紙の計画を立ててみてください。
当社は、お客様のマイホーム建設をサポートさせていただいております。
注文住宅を建てたい方は、お気軽にご相談ください。