注文住宅を建てるのに必要な費用についてご紹介

(2020年12月23日)

注文住宅を建てたいと考えている方はいませんか。
注文住宅を初めて建てる方の中には、どのような費用がかかるのか把握していない方がいるでしょう。
そこで今回は、注文住宅を建てるときにかかる費用と抑えるコツを紹介します。

□発生する費用について

まず初めに、注文住宅を建てるときに発生する費用をいくつか紹介します。

1つ目は、本体工事費です。
この費用はおそらく全員思い浮かべるものではないでしょうか。
いわゆる建築費で、仮設や基礎、屋根、内装などにかかる費用です。

2つ目は、その他の工事費用です。
この費用は家の建築以外にかかる費用で、どのくらい必要かについては一概に言えません。
駐車場の舗装、庭、地盤改良費用などがあります。
また、古い家を取り壊す場合は解体工事費がかかるため、頭に入れておきましょう。

3つ目は、諸費用です。
諸費用には、印紙税や登録免許税といった税金、登記費用、住宅ローン手数料などがあります。
おおよそ100〜150万円かかるでしょう。

□費用を抑えるコツについて

続いては、費用を抑えるコツを3つ紹介します。

*グレードにメリハリをつける

注文住宅を建てるときには、設備や資材などを自分で選べます。
そのため、良いものばかりを選べば、それに伴って総費用が高くなります。
逆に、こだわりを持つところだけ高価なものにすれば、費用を抑えられて満足のいく家になるでしょう。
自分が何にこだわりたいのか、を最初に決めてから始めることをおすすめします。

*水回りを集中させる

水回りにはキッチンやトイレなどがありますが、これらの設備を集中させることで費用が抑えられます。
もしこれらの設備が別の階にある場合、配管設備が複雑になります。
できる限り水回りを1箇所に集中させ、費用を抑えましょう。
また、メンテナンス時にも費用を抑えられるので、強いこだわりがない方は水回りを1箇所に集中させることをおすすめします。

*部屋数を少なくする

部屋数を多くすると、その分壁を設置する必要があり、費用がかかります。
費用を抑えたい場合は部屋数を少なくすることをおすすめします。
また、部屋数と壁が少なくなると、広々とした空間になり、採光や風通しの面でも良くなるでしょう。

ただし、壁が少なくなると地震に弱くなるので、耐震補強をしっかり行いましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てるときに発生する費用について紹介しました。
本体工事費以外にもいくつか費用がかかります。
それらの費用を予算に含めて計算しましょう。
また、節約する方法はいくつもあるので、自分に合うものを取り入れて行いましょう。