注文住宅のリビングを考えるときの注意点とは?解説します!

(2020年12月16日)

注文住宅を建てるとき、リビングにこだわりを持つ方は多いでしょう。
しかし、初めての場合、何に注意して考えていけば良いかわかりませんよね。
そこで今回は、リビングを考えるときの注意点について紹介します。

□間取りを考えるときの大切なポイントについて

間取りを考えるときは最初に「動線」を考えましょう。
動線には2種類あり、料理や掃除をするときの家事動線と、リビングからトイレや風呂に行くときの生活動線です。
この2つの動線をうまく分けると生活しやすくなります。

特にリビングは人が集まるため、動線は入念に考える必要があります。
リラックスする場所を、人が混雑してストレスを感じる場所にしないようにしましょう。

□リビングを決めるときの注意点について

続いては、リビングを決めるときに、動線以外に注意することを介します。

*家具の配置に注意する

家具の配置はリビングを考えるときに大切です。
間取りを決める前に必要な家具や家電、それらの配置場所を決めると、自然とリビングの間取りが決まります。
購入を検討している家具を含めて考えましょう。

*広さに注意する

広いリビングに憧れを持っている方はいませんか。
ドラマや雑誌で見る広いリビングは綺麗で、真似したくなりますよね。

ただし、広いリビングにすると、掃除や移動が面倒になったり、光熱費が高くなったりするため、注意が必要です。
また、あまりに広いと家具が小さく見えてしまい、貧相な印象を与えるでしょう。
無理に広くしようとしないで、家族の人数や配置予定の家具の大きさに合わせることをおすすめします。

*リビングドアに注意する

外からの視線を遮るために、リビングドアにも注意する必要があります。
リビングドアの位置にあまり気を配らず、玄関ドアと向かい合わせにする方がいます。
その状態では、リビングドアを開けっぱなしにしているときに人が玄関から入ると丸見えになります。
また、道路に玄関ドアが面している場合には、通行人よってもリビングが見られるため、注意しましょう。

対策としては、玄関ドアと垂直方向にリビングドアを設置する、ドアの位置をずらして視線を遮る、などが挙げられます。
リラックスして生活するために、リビングドアのことも頭に入れましょう。

□まとめ


今回は、注文住宅のリビングを考えるときの注意点を紹介しました。
注文住宅を建て終えてから、間取りを変えるのは大変です。
そのため、建てる前にできるだけ実生活をイメージすることが大切です。
今回紹介した注意点を意識しながらリビングを考えましょう。