おおい町で注文住宅をお考えの方へ!屋根材のおすすめをご紹介!

(2020年10月23日)

「屋根材は何がおすすめなのか知りたい。」
おおい町で注文住宅をお考えの方で、このように思っている方はいらっしゃいませんか。
屋根材には様々な種類があるため、どれを選べばいいのか悩みますよね。
そこで今回はおすすめの屋根材についてご紹介します。

□屋根材を選ぶ際のポイント

屋根材を選ぶときのポイントとして、耐久性や防水性が高い屋根材が挙げられます。
屋根材は太陽の紫外線や雨風による影響を受けるので、耐久性、防水性は屋根材選びにおいて、非常に重要なポイントです。
屋根材の耐用年数は短いもので約10年、長いもので約100年と様々です。
耐久性や防水性が高い素材は、劣化が遅いため、耐用年数が長いものが多いでしょう。

その他のポイントとして、耐震性や耐火性が高い屋根材が挙げられます。
軽い屋根材であれば、住宅の負担を減らせるため、結果として耐震性が向上します。
軽い屋根材の例は、ガルバリウム銅板、アスファルトシングルが挙げられるでしょう。

屋根材はもともと一定の耐火性を持っていますが、素材によって耐火性に差があります。
耐火性の高い屋根材の例として瓦が挙げられます。

□おすすめの屋根材

以上のポイントを踏まえて、ここからはおすすめの屋根材をご紹介します。

*ガルバリウム銅板

ガルバリウム鋼板はアルミニウムや亜鉛、シリコンから成るアルミ亜鉛合金めっき鋼板で、
耐久性や、着色性が高く屋根材として人気があります。

同じ金属板で有名なものとしてトタンがありますが、ガルバリウム鋼板はトタンと比較しても錆びにくく、耐用年数も10年から20年とトタンの約3倍長いです。

また、ガルバリウム鋼板は薄くて軽量で、耐震性にも優れています。
地震の多い地域に住まれている方には、非常におすすめの屋根材でしょう。

*陶器瓦

陶器瓦とは、粘土を瓦形に成型したものに薬品をかけ、その後、高温の窯の中に入れて焼き上げた瓦を指します。
そのため、陶器瓦は優れた耐火性があります。

そして、陶器瓦の最大のメリットは、耐用年数が半永久的と非常に耐久性に優れており、長い年月を経ても美しい状態をキープできることです。
強い衝撃を受けて割れたり、ずれを起こしたりしない限り、ほとんどメンテナンスが不要なのは魅力的ですよね。

耐震性については、陶器瓦を選ぶと住宅の屋根部が重くなり、重心が高くなるので、耐震性には不安が残ると言われていました。
しかし近年では、住宅の骨組み設計時に瓦の使用を計算に入れられていれば、耐震性にはあまり影響はないと考えられています。

耐震性に不安のある方は、業者や専門家に相談してから陶器瓦にすると安心ですね。

□まとめ

今回は、おすすめの屋根材について詳しくご紹介しました。
屋根材を選ぶ際は、耐用年数や重量、素材の性質に注目することがおすすめです。
この記事で、ご紹介したおすすめの屋根材が、屋根材選びの参考になれば幸いです。
おおい町にお住まいで、注文住宅にご興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。