おおい町で注文住宅を考えの方へ!家事動線のポイントをご紹介します!

(2020年10月09日)

注文住宅で家づくりを考える際、最も頭を悩ませるのは、住宅の間取りではないでしょうか。
しっかり考えたつもりでも、実際に住んでみると意外に不便なことも。
効率的な間取りを考える上で重要な観点は、家事動線です。
そこで今回は、注文住宅をお考えの方に向けて、家事動線のポイントについてご紹介します。

□家事動線について

家事動線とは、住宅の中で家事をする際に移動する経路のことです。
家事動線は短ければ短いほど家事が効率的で時間の無駄がなくなるでしょう。
日々生活する上で、料理や洗濯、掃除といった家事の負担を減らすためには、家事動線は非常に重要です。
お仕事が忙しい方やお子様のおられる方は特に、家事動線についてよく検討されることをおすすめします。

家事動線の基本は、キッチンや洗面室、洗濯物を干すスペースをなるべく近い場所に配置し、移動にかかる時間を短縮できる間取りを考えることです。

□家事動線の間取りで気を付けるポイント

*家事の動きを考える

家事動線について考えるには、家事の動きについてよく考える必要があります。
具体的には、調理や洗濯、掃除です。

食事を作るとき、冷蔵庫やシンク、調理台、コンロの間がスムーズに移動できなければ非常に不便です。
配置予定の電化製品や、三角形を描くような動線をイメージしながら、効率的な配置を考えましょう。
また、ストックしたい食品を収めておく、パントリーをキッチンのそばに配置すれば、最小限の動きで食事の準備ができるため、非常に効率的です。

洗濯については、洗濯場所と干すスペースを近い場所に配置しましょう。
たくさん洗濯する方は、重い洗濯物をもって移動する必要があるため、近くにあればあるほど効率的と言えます。
近い場所に配置するのが難しい場合は、なるべく単純に移動ができる配置を心掛けることで、効率的になります。
また、洗濯物が乾いた後の収納スペースも近ければ、より便利ですね。

掃除は家全体の問題のため、効率化するのは簡単ではありません。
ただ、掃除用品の収納スペースをいくつか用意しておくことで、思い立った時に掃除でき、普段の掃除の負担が軽減するでしょう。
他にも、靴の収納スペースにゆとりを持たせることで、玄関に靴が並ぶことがなく、掃除が楽になります。
そのため、掃除に関しては収納スペースを意識することをおすすめします。

*家族の動きを考える

ご家族がおられる場合は、他の方の動きも考えましょう。
朝の通勤や通学の準備をされる際、トイレや洗面台を家族全員が使用すると、非常に混雑しますよね。
そのため、ご家族の多い方は、トイレや洗面台の複数設置の検討をおすすめします。
また、リビングダイニングの近くにトイレや洗面台があれば、朝の身支度が効率よく済みます。

ご家族の顔を思い浮かべながら、よく話し合って、家事動線について考えるようにしましょう。

□まとめ

今回は家事動線のポイントについてご紹介しました。
日々の生活を思い浮かべながら家事動線を考えると、効率の良い間取りになります。
また、ご自身の生活に合わせて住宅の間取りを考えられるのが、注文住宅の良いところです。
家事動線に配慮した注文住宅にご興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。