注文住宅を建てるのに必要な費用についてご紹介

(2020年12月23日)

注文住宅を建てたいと考えている方はいませんか。
注文住宅を初めて建てる方の中には、どのような費用がかかるのか把握していない方がいるでしょう。
そこで今回は、注文住宅を建てるときにかかる費用と抑えるコツを紹介します。

□発生する費用について

まず初めに、注文住宅を建てるときに発生する費用をいくつか紹介します。

1つ目は、本体工事費です。
この費用はおそらく全員思い浮かべるものではないでしょうか。
いわゆる建築費で、仮設や基礎、屋根、内装などにかかる費用です。

2つ目は、その他の工事費用です。
この費用は家の建築以外にかかる費用で、どのくらい必要かについては一概に言えません。
駐車場の舗装、庭、地盤改良費用などがあります。
また、古い家を取り壊す場合は解体工事費がかかるため、頭に入れておきましょう。

3つ目は、諸費用です。
諸費用には、印紙税や登録免許税といった税金、登記費用、住宅ローン手数料などがあります。
おおよそ100〜150万円かかるでしょう。

□費用を抑えるコツについて

続いては、費用を抑えるコツを3つ紹介します。

*グレードにメリハリをつける

注文住宅を建てるときには、設備や資材などを自分で選べます。
そのため、良いものばかりを選べば、それに伴って総費用が高くなります。
逆に、こだわりを持つところだけ高価なものにすれば、費用を抑えられて満足のいく家になるでしょう。
自分が何にこだわりたいのか、を最初に決めてから始めることをおすすめします。

*水回りを集中させる

水回りにはキッチンやトイレなどがありますが、これらの設備を集中させることで費用が抑えられます。
もしこれらの設備が別の階にある場合、配管設備が複雑になります。
できる限り水回りを1箇所に集中させ、費用を抑えましょう。
また、メンテナンス時にも費用を抑えられるので、強いこだわりがない方は水回りを1箇所に集中させることをおすすめします。

*部屋数を少なくする

部屋数を多くすると、その分壁を設置する必要があり、費用がかかります。
費用を抑えたい場合は部屋数を少なくすることをおすすめします。
また、部屋数と壁が少なくなると、広々とした空間になり、採光や風通しの面でも良くなるでしょう。

ただし、壁が少なくなると地震に弱くなるので、耐震補強をしっかり行いましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てるときに発生する費用について紹介しました。
本体工事費以外にもいくつか費用がかかります。
それらの費用を予算に含めて計算しましょう。
また、節約する方法はいくつもあるので、自分に合うものを取り入れて行いましょう。

年末年始休業日のお知らせ

(2020年12月18日)

平素は格別のお引き立てを賜り、
厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ではこざいますが、
当社の年末年始休業につきまして
下記の通り休業とさせていただきますので、
ご案内申し上げます。


■年内最終営業日
2020年12月26日(土)

■休業期間
2020年12月27日(日)~ 2021年1月5日(火)
※1月6日(水)より通常営業いたします。

尚、休み期間中でもメンテナンス等の緊急時は
0120-93-2825までご連絡ください。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、
何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

注文住宅のリビングを考えるときの注意点とは?解説します!

(2020年12月16日)

注文住宅を建てるとき、リビングにこだわりを持つ方は多いでしょう。
しかし、初めての場合、何に注意して考えていけば良いかわかりませんよね。
そこで今回は、リビングを考えるときの注意点について紹介します。

□間取りを考えるときの大切なポイントについて

間取りを考えるときは最初に「動線」を考えましょう。
動線には2種類あり、料理や掃除をするときの家事動線と、リビングからトイレや風呂に行くときの生活動線です。
この2つの動線をうまく分けると生活しやすくなります。

特にリビングは人が集まるため、動線は入念に考える必要があります。
リラックスする場所を、人が混雑してストレスを感じる場所にしないようにしましょう。

□リビングを決めるときの注意点について

続いては、リビングを決めるときに、動線以外に注意することを介します。

*家具の配置に注意する

家具の配置はリビングを考えるときに大切です。
間取りを決める前に必要な家具や家電、それらの配置場所を決めると、自然とリビングの間取りが決まります。
購入を検討している家具を含めて考えましょう。

*広さに注意する

広いリビングに憧れを持っている方はいませんか。
ドラマや雑誌で見る広いリビングは綺麗で、真似したくなりますよね。

ただし、広いリビングにすると、掃除や移動が面倒になったり、光熱費が高くなったりするため、注意が必要です。
また、あまりに広いと家具が小さく見えてしまい、貧相な印象を与えるでしょう。
無理に広くしようとしないで、家族の人数や配置予定の家具の大きさに合わせることをおすすめします。

*リビングドアに注意する

外からの視線を遮るために、リビングドアにも注意する必要があります。
リビングドアの位置にあまり気を配らず、玄関ドアと向かい合わせにする方がいます。
その状態では、リビングドアを開けっぱなしにしているときに人が玄関から入ると丸見えになります。
また、道路に玄関ドアが面している場合には、通行人よってもリビングが見られるため、注意しましょう。

対策としては、玄関ドアと垂直方向にリビングドアを設置する、ドアの位置をずらして視線を遮る、などが挙げられます。
リラックスして生活するために、リビングドアのことも頭に入れましょう。

□まとめ


今回は、注文住宅のリビングを考えるときの注意点を紹介しました。
注文住宅を建て終えてから、間取りを変えるのは大変です。
そのため、建てる前にできるだけ実生活をイメージすることが大切です。
今回紹介した注意点を意識しながらリビングを考えましょう。

おおい町で注文住宅を検討している方へ!外観のポイントを紹介します!

(2020年12月09日)

おおい町在住の方で、注文住宅の外観について困っている方はいませんか。
外観はその家のイメージに直結するため、新築を建てるときには重要なポイントです。
そこで今回は、外観を決めるときのポイントについて紹介します。

□外観を左右する要素について

まず初めに、外観はどのような要素で左右されるのか見ましょう。
3つ紹介します。

まずは、家の形です。
四角形の家やデコボコの家など、家の形は外観の印象に大きく影響します。
シンプルな形にすればスタイリッシュな印象に、複雑な形にすれば高級感を演出できるでしょう。

次は、窓の位置や数です。
どこにどれくらい窓があるのかは家の見た目を大きく変えます。
そのため、窓の位置や数などについて、いくつかのパターンを想像しながら、慎重に決めましょう。

ただし、外観ばかりにこだわると採光や風通しが悪くなる可能性があります。
見た目と生活のしやすさの両方をバランスよく考えましょう。

最後は、色です。
色は外観の印象に最も影響を与えます。
何年も使う家であるため、年齢を重ねてからも気に入る色を選びましょう。

□外観を決めるときのポイントについて

続いては、外観を決めるときのポイントを3つ紹介します。

*写真や絵を用意する

外観を施工担当者と話し合うときは写真や絵を用意しましょう。
イメージを言葉だけで伝えようとすると、食い違いが起こる可能性があります。
写真を用意するときには1枚だけでなく、さまざまな角度からの写真があるとイメージ通りの外観ができるでしょう。

*外構工事の費用を減らさないようにする

外観のイメージを左右する外構工事の費用を確保しながら進めましょう。
目安としては建築費用の10パーセントです。
外構工事費を少なくすると、せっかくの外観が台無しになります。
予算を決めるときに、外構工事費のことも頭に入れながら行いましょう。

*耐久性やメンテナンスも考えておく

耐久性やメンテナンスについても考える必要があります。
耐久性の低い安価な素材ばかり使用すると、結果的にメンテナンスに多くのお金が必要になります。
逆に高価なものを最初に選んでおくと、メンテナンス費用がほとんどかからず、結果的に節約につながることもあります。
ランニングコストを考えて外観を決めましょう。

□まとめ

今回は、外観を決めるときのポイントについて紹介しました。
外観は家の印象を大きく左右する要素であるため、慎重に考える必要があります。
見た目だけでなく、生活のしやすさやメンテナンスについても考えながら決めましょう。

小浜市で注文住宅を検討している方へ!その流れと期間を紹介します!

(2020年12月02日)

小浜市在住の方で「注文住宅を建てたいけれど、どのような流れで行うのかわからない。」と悩んでいる方はいませんか。
注文住宅を建てる流れを先に知っておくと、次に何をするかわかり、不安が減らせると思います。
そこで今回は、注文住宅を建てるときの流れについて紹介します。

□流れについて

注文住宅を建てるときの流れを5つに分けて紹介します。

1つ目は、暮らしのイメージづくりと資金計画です。
最初に、「どのような暮らしがしたいか」についてイメージを作りましょう。
譲れない条件やエリア、周辺環境などについて決めますが、優先順位をつけながら行うことをおすすめします。
同時に、資金計画を行い、ローンを利用するのか、利用するなら何年ローンにするのか、将来の生活を考えながら決めましょう。

2つ目は、土地や施工会社の検討です。
おおよその暮らしのイメージがついたら、具体的に土地探しを行います。
理想通りの土地が見つかる可能性はあまり高くないので、いくつかピックアップして、比較しながら決めましょう。
施工会社を決めるときはそれぞれの特徴を捉え、時間をかけてでも安心して任せられるところを選びましょう。

3つ目は、家のプランニングです。
土地を購入したら、不動産会社と契約を結び、家のプランニングをします。
注文住宅は人生で何度も建てるものではないため、しっかりと将来を見据えてプランニングすることが大切です。
家族との話し合いの時間を多く設け、わからないことがあればぜひ相談にいらしてください。

4つ目は、住宅ローンの契約と着工です。
住宅ローンを利用する方はこのタイミングで契約を結びます。
着工が始まってからも地鎮祭や上棟式、近隣住民へのあいさつなど、いくつかすることがあるため、漏らさずに丁寧に行いましょう。

5つ目は、家の引き渡しと入居です。
工事を終えたら、施工会社の立ち合いのもとで建物をチェックします。
それを終えたら、書類にサインし、終了です。

□必要な期間について

注文住宅を建てるのに必要な期間は1年から1年半程度と見ておきましょう。
目安としては、上で紹介したステップのうち、1つ目に1〜3ヶ月、2つ目に3〜6ヶ月、3つ目に3〜10ヶ月、4つ目に4〜12ヶ月、5つ目に1〜3ヶ月程度かかります。
様々な話し合いが行われるため、期間に幅があります。
引っ越しの期限が決まっている方は早めに取り掛かりましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てるときの流れと期間について紹介しました。
注文住宅は自分達で決めることが多いため、時間がかかります。
しっかり家族で話し合いをしながら決めましょう。

注文住宅を建てたい方必見!水回りのポイントを紹介!

(2020年11月23日)

「注文受託では水回りが大切だと聞いたが、何に注意すれば良いのかわからない」と悩んでいる方はいませんか。
利便性を追い求めたくなりますが、それ以外にも重要な点はあります。
そこで今回は、注文住宅の水回りについて解説します。

□水回りを集める

まず初めに、水回りの間取りを決めるときは1箇所に集めることがポイントです。
なぜなら、配管工事のコストを安くできるとともに、メンテナンスがしやすくなるからです。
依頼者と業者の両方にメリットがあるため、1箇所に集めた方が良いでしょう。

コスト面に関して、水回りの配管コストは建築コストに大きく影響します。
一般的に、水回りが複数箇所に散らばっていると配管工事が複雑になります。
複雑になる分業者の労力も必要となり、コストが多くかかります。

また、メンテナンスも1箇所に集まっていた方が行いやすくなります。
仮に、配管詰まりや漏水が起きたとしましょう。
業者は、詰まりや漏水の原因を調べ、必要に応じて部品の交換や継ぎ足しを行います。
このときに、配管が近い位置にあれば、調査に時間はかかりませんし、部品の大きさや数も少なくて済みます。

水回りを1箇所に集め、各スペースをコンパクトにまとめようとする方も多いです。
例としては、タンクレストイレがわかりやすいでしょう。
タンクを搭載しないトイレであるため、トイレのスペースをコンパクトにできますが、一度に水が大量に使われるため、水回り全体の水圧が弱くなります。
水回りのスペースをコンパクトにするのは大切ですが、メリットとデメリットを比較しながら、いくつかの候補を検討しましょう。

水回りを1箇所に集めると聞くと、利便性の面が頭に浮かぶと思いますが、コスト面でも重要であることを覚えておきましょう。

□音に注意する

続いての水回りのポイントは音です。
水回りの使いやすさを重視する方はいますが、多くの方は音にまで注意が向きません。
ただ、水回りには、トイレを流す、シャワーを使う、といったように必ず音がします。

ここでトラブルになりやすいのが、寝室と水回りが近いことです。
家族の中で帰宅時間が遅い方と起床時間が早い方がいた場合、夜中にするトイレの排出音がトラブルの原因になることが考えられるでしょう。


また、2階に水回りの設置を考えている方も注意が必要です。
2階の排出音は1階にも響くことは少なくありません。
夜中に洗濯を回さないといった配慮はできると思いますが、トイレやお風呂に入らないことは難しいでしょう。

できるだけ実生活と結びつけて間取りを考えましょう。

□まとめ

今回は、水回りの間取りでの大事なポイントを紹介しました。
まずは、コスト面でもメンテナンス面でも大切である「水回りを1箇所に集める」ことは意識しましょう。
また、音も後々問題になる可能性があるため、実際の生活を想像しながら間取りを決めましょう。

注文住宅のメリットは何がある?種類や特徴を解説します!

(2020年11月16日)

おおい町在住の方で「注文住宅の検討をしているが、メリットは何があるのかはっきりしない」と悩んでいる方はいませんか。
注文住宅には、注文住宅ならではのメリットがいくつかあります。
そこで今回は、注文住宅の説明とそのメリットを紹介します。

一口に注文住宅といっても、2種類あることはご存知ですか。
注文住宅は「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」に分類されます。
以下に、それぞれの特徴を紹介しましょう。

フルオーダー住宅は、使用する木材や断熱材などから全ての項目を自分で決めて建てる住宅を指します。
自由度はとても高いですが、多くの建築知識を要します。
全ての項目を決める必要があるため、手間と時間も多くかかります。
資金も時間もある方で、最高品質の家を建てたい方に向いているでしょう。

続いて、セミオーダー住宅とは、基本的な仕様があらかじめ決められている住宅を指します。
風呂やキッチンといった住宅設備の色や外壁の色などを依頼者が決めます。
もちろん、間取りは依頼者が決められ、要望に応じて設備をグレードアップできます。
フルオーダー住宅にはかなりの専門知識と資金、時間が必要であるため、該当しない方はセミオーダー住宅を選択すると良いでしょう。

□メリットについて

ここでは、注文住宅のメリットを3つ紹介します。

*自由度が高い

まずは、設計の自由度の高く、自分で様々なことを決められることです。
例えば、「欧州風のおしゃれな外観にしたい」「子供と浴室に入れるように、大きめの浴室にしたい」などの要望が叶えられます。
要望があれば、納得がいくまで業者さんと相談しましょう。

*こだわりを追及できる

注文住宅では、費用をかけたい場所にだけ費用をかけられます。
「来客のときに好印象を与えるために、リビングは大理石にしたい」というようにグレードを上げられる一方で、「クローゼットは他人に見られないから建築資材のグレードを下げたい」といったことも可能です。
自分の中でどうしても外せないポイントがある方にとって、ある部分だけを重点的に変えられるのは大きなメリットでしょう。

*建築中の家を確認できる

注文住宅を建てるときは、建築中に家をチェックできます。
これの良さは、進み具合がわかるため、建築中に要望を変えたいときに柔軟に対応しやすいことです。
相談を重ねながら理想的な住宅にしましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の説明とメリットを紹介しました。
注文住宅には2種類あるため、自分に合った方を選びましょう。
セミオーダー住宅を選んだ場合でも、要望があれば早めに相談しましょう。

注文住宅を検討している方へ!キッチンを設置する時の注意点を紹介します

(2020年11月09日)

「注文住宅でキッチンをオーダーすることになったけれど、どんなことに気を付ければ良いのだろうか」と疑問を持っている方はいませんか。
毎日使うキッチンですから、自分の理想とするものにしたいですよね。
そこで今回は、キッチンの種類と注意点を解説します。

□キッチンの種類について

キッチンは大きく分けて5種類あります。
この中で、どれが自分に合うのか検討しましょう。

1つ目は、I型キッチンです。
シンクやガスコンロが横一列に並ぶキッチンです。
特徴として、キッチンの面積が小さく、使い勝手が良いことが挙げられるでしょう。

2つ目は、Ⅱ型キッチンです。
これはシンクとコンロが2つのキッチンカウターに分かれています。
そのため、広いスペースで家族や友人と料理を楽しめるでしょう。

3つ目は、L型キッチンです。
コンロとシンクが90度で向かい合うキッチンです。
シンクとコンロ、冷蔵庫が手の届く位置にあり、効率よく料理できるでしょう。

4つ目は、U型キッチンです。
独立したキッチンスペースで、最近人気が出てきました。
広さは必要ですが、リビングの様子が見ながらも料理に専念できるキッチンです。

5つ目は、アイランド型キッチンです。
これまでの種類と違い、壁にキッチンが接しておらず、独立した状態のキッチンです。
開放的な空間で料理ができ、コミュニケーションも取りやすいですよ。

□注意点について

続いては、キッチンの間取りを考えるときの注意点をいくつか紹介します。

*コンセントについて

キッチンでは、炊飯器やレンジ、湯沸かし器など電気が必要なものが多いです。
それに応じた数を用意するとともに、位置にも注意する必要があります。
コードを長くしすぎる、タコ足配線だらけになる、といったことがないようにしましょう。

*ゴミ箱の位置について

これは意外と見落とす方が多いのですが、ゴミ箱を置く位置は大切です。
ゴミの分別が厳しい地域にお住まいの方で、ゴミ箱を置くスペースが1つ分しかないと不便です。
いくつゴミ箱を置く必要があるのか想像しながら決めましょう。

*動線について

キッチン周りの動線も考える必要があります。
作った料理がテーブルに運びやすいのか、忙しい朝にカウンターでも簡単に食べられるかなどを考えると良いです。

□まとめ

今回は、キッチンの種類と間取りの注意点を紹介しました。
キッチンはいくつか種類があるため、家族構成や忙しさを考慮して決めましょう。
間取りを決めるときは、普段意識していないコンセントの位置やゴミ箱の位置も頭に入れながら行いましょう。

注文住宅を建てる時のトラブルって何がある?トラブル内容と対処法をご紹介

(2020年11月02日)

小浜市で初めて注文住宅を建てようと考えている方はいませんか。
注文住宅の建築ではトラブルがしばしば起きますが、初めての場合はどういった種類のトラブルがあるのか想像しづらいでしょう。
そこで今回は、注文住宅のトラブル事例と回避方法を紹介します。

□トラブルについて

ここでは、注文住宅で起こることが多いトラブルを3つ紹介します。

*完成がイメージと違う

注文住宅の特徴は、なんといってもその自由度の高さです。
その自由度を生かして、設備や色などを業者と相談しながら進めます。
しかし、自由に作れる反面、イメージの共有が業者と依頼者で上手くできていない場合、完成した住宅がイメージと違うものになります。

*工期が遅れる

注文住宅の建築には、およそ半年から1年半かかります。
しかし、様々な理由から遅れが出ることもあります。
進学や就職のタイミングに合わせて行う中で、工期の遅れが発生した場合、通学や通勤が大変な状況になるでしょう。
建築の予定が決まっている方は早めの対応を心がけましょう。

*近隣住民とのトラブルについて

工事を行うと、どうしても作業中の音や人の出入りなどの騒音問題が発生します。
挨拶回りや告知をしていないと、近隣住民から苦情が入る可能性があります。
これから長い付き合いをしていくため、仲の良い関係を築きたいですよね。

以上の3つが起こりやすいトラブルです。
それ以外にも「傷や汚れなどの施工ミス」「追加費用の発生」などのトラブルも起こりえます。

□トラブルを回避する方法について

続いては、トラブルを回避する方法を2つ紹介します。

1つ目は、担当者と綿密にコミュニケーションをとることです。
イメージ通りにならなかった、というトラブルはコミュニケーション不足が大きな原因です。
言葉でうまく説明できない場合は写真を引用したり、手書きのイラストを使用したりしましょう。
担当者との信頼関係を築くこともトラブル回避の重要なポイントです。

2つ目は、着工前に近隣住民に挨拶しておくことです。
挨拶をするとトラブルに発展する可能性を大きく下げられます。
挨拶をするときは自己紹介や完成予定日などを伝えましょう。
施工業者だけで挨拶をする場合もありますが、施主自身も挨拶を行うと印象が良いでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建築するときのトラブル事例と回避方法を紹介しました。
完成がイメージと違うことは完成後にわかることが多く、トラブルの事例としては多いです。
できるだけ担当者とコミュニケーションを積極的に取り、トラブルを回避しましょう。

おおい町で注文住宅をお考えの方へ!屋根材のおすすめをご紹介!

(2020年10月23日)

「屋根材は何がおすすめなのか知りたい。」
おおい町で注文住宅をお考えの方で、このように思っている方はいらっしゃいませんか。
屋根材には様々な種類があるため、どれを選べばいいのか悩みますよね。
そこで今回はおすすめの屋根材についてご紹介します。

□屋根材を選ぶ際のポイント

屋根材を選ぶときのポイントとして、耐久性や防水性が高い屋根材が挙げられます。
屋根材は太陽の紫外線や雨風による影響を受けるので、耐久性、防水性は屋根材選びにおいて、非常に重要なポイントです。
屋根材の耐用年数は短いもので約10年、長いもので約100年と様々です。
耐久性や防水性が高い素材は、劣化が遅いため、耐用年数が長いものが多いでしょう。

その他のポイントとして、耐震性や耐火性が高い屋根材が挙げられます。
軽い屋根材であれば、住宅の負担を減らせるため、結果として耐震性が向上します。
軽い屋根材の例は、ガルバリウム銅板、アスファルトシングルが挙げられるでしょう。

屋根材はもともと一定の耐火性を持っていますが、素材によって耐火性に差があります。
耐火性の高い屋根材の例として瓦が挙げられます。

□おすすめの屋根材

以上のポイントを踏まえて、ここからはおすすめの屋根材をご紹介します。

*ガルバリウム銅板

ガルバリウム鋼板はアルミニウムや亜鉛、シリコンから成るアルミ亜鉛合金めっき鋼板で、
耐久性や、着色性が高く屋根材として人気があります。

同じ金属板で有名なものとしてトタンがありますが、ガルバリウム鋼板はトタンと比較しても錆びにくく、耐用年数も10年から20年とトタンの約3倍長いです。

また、ガルバリウム鋼板は薄くて軽量で、耐震性にも優れています。
地震の多い地域に住まれている方には、非常におすすめの屋根材でしょう。

*陶器瓦

陶器瓦とは、粘土を瓦形に成型したものに薬品をかけ、その後、高温の窯の中に入れて焼き上げた瓦を指します。
そのため、陶器瓦は優れた耐火性があります。

そして、陶器瓦の最大のメリットは、耐用年数が半永久的と非常に耐久性に優れており、長い年月を経ても美しい状態をキープできることです。
強い衝撃を受けて割れたり、ずれを起こしたりしない限り、ほとんどメンテナンスが不要なのは魅力的ですよね。

耐震性については、陶器瓦を選ぶと住宅の屋根部が重くなり、重心が高くなるので、耐震性には不安が残ると言われていました。
しかし近年では、住宅の骨組み設計時に瓦の使用を計算に入れられていれば、耐震性にはあまり影響はないと考えられています。

耐震性に不安のある方は、業者や専門家に相談してから陶器瓦にすると安心ですね。

□まとめ

今回は、おすすめの屋根材について詳しくご紹介しました。
屋根材を選ぶ際は、耐用年数や重量、素材の性質に注目することがおすすめです。
この記事で、ご紹介したおすすめの屋根材が、屋根材選びの参考になれば幸いです。
おおい町にお住まいで、注文住宅にご興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。