Kwと kwhの違い

(2011年08月02日)

こんにちは

フジホームの村上です。

「節電」を叫ばれる今夏ですがちょっと“なるほど”と思った記事を紹介します。

ニュース等で日中、高齢者の方ががエアコンを使用せず・・・・

という風なニュースをお聞きになったこともあるでしょう。

“節電”という単語が震災以降非常によく耳に入ってきます。

まず「kw」と「kwh」というものがあり意味が違います。

瞬間の使用電力を「kw」

時間あたりの使用電力の総量をkwhといいます

そして節電の際気にしなければいけない単位は

「kw」です

なるほど

そういうことかと納得しました。

よく単語が先歩きしますが

「節電」と「省エネ」と「CO2削減」は意味が違います

使用電力量のピーク(kw)を下げるのが「節電」で

総量を抑えることを「省エネ」「CO2」削減というようです。

現在、一般家庭での電力使用量を15%削減するよう求められています。

1世帯当たりの平均電力使用量のピーク電力は1200w。

その15%削減となると「180w」の節電の必要があります。

夏の日中(14時頃)消費電力の半分以上をエアコンが占めています。

部屋の通風の確保、扇風機の使用温度設定、フィルタの清掃、室外機の清掃

などメンテナンスを徹底したり

W数の高い電子レンジや炊飯器、ドライヤーを同時に使用しない

と言うのを心掛けたいものです034.gif

あらためて節電と省エネの意味を考えさせられました。

また8月に入り猛暑の夏となりそうな予感がします。

熱中症対策も心掛けて大事な電気を使っていきたいものです。