注文住宅の打ち合わせに必要な期間とは?効率よく進めるコツも紹介します!

(2022年04月09日)

注文住宅で失敗しないためには、事前に入念な打ち合わせをしておくことが大切です。
しかし、何も知識がない状態で打ち合わせに挑んでしまうと、想像以上に時間がかかる恐れがあります。
そこで今回は、打ち合わせの平均期間とスムーズに進めるためのポイントを紹介します。

□普通はどのくらいかかる?注文住宅の打ち合わせの平均期間を紹介します!

注文住宅の打ち合わせにかかる期間は人によって大きく違うのが大前提ですが、3カ月から半年程度が一つの目安となっています。
その期間中に行う打ち合わせの回数に関しても、10回以下で完了する方もいれば、30回程度必要とする方もいます。
中にはあまりにも多くの打ち合わせをした結果、注文住宅を建てるのが嫌になってしまうという方もいるので、可能な限り細かな打ち合わせをする会社は絞るのがおすすめです。

また、注意しておきたいのが、打ち合わせ期間が長くても良い住宅を建設できるとは限らないことです。
何度も打合せしても、1回当たりの内容が薄ければ打ち合わせで住宅のイメージを具現化できないので、最終的に思い通りの住宅にできないこともあります。

□打ち合わせをスムーズに進行させるには?意識すべきポイントをご紹介!

1つ目に紹介するのは、予算を事前に設定しておくことです。
注文住宅の間取りや取り付ける設備などは、そのレベルによって価格が大きく異なるので、予算設定をきちんと行わないと、予想以上に費用がかかってしまう場合があります。
予算に合わない工事を行った結果、工事計画を練り直さなければならなくなったケースもあるので、予算を事前に決めることは極めて重要です。

2つ目は、打ち合わせで話した内容を記録しておくことです。
前回の打ち合わせで話した内容が曖昧になっていると、その確認に時間を費やしてしまいますし、トラブルが発生したときにその解決が困難になります。

3つ目は、事前に情報収集しておくことです。
聞きたい内容を事前に項目化しておくだけでなく、打ち合わせ当日の内容をメモしておくためのノートや電子手帳などを用意しておくとスムーズに進められます。
また、雑誌や住宅サイトを事前に利用することで得られた、具体的なイメージ図を提示し、希望条件を伝えるのもおすすめです。

□まとめ

注文住宅の打ち合わせ期間は平均で3カ月から半年程度が一つの目安ですが、その期間は人によって大きく異なります。
予算設定を事前に完了させたり、話した内容を記録したりしておくと、スムーズに進行できるでしょう。
小浜市・おおい町周辺で、注文住宅の打ち合わせでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。