新築の住宅を建てたいとお考えの方へ!ウッドデッキの魅力をご紹介!

(2021年09月23日)

「新築の住宅にウッドデッキを設置したい」
「ウッドデッキの魅力についてくわしく知りたい」
おおい町にお住まいの方で、このようにお考えの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、ウッドデッキの魅力についてくわしくご紹介します。

□ウッドデッキについて

ウッドデッキとは、住宅の外側に設けられる木製のテラスです。
リビングと庭の間に設置される家庭が一般的には多いです。

ウッドデッキを設置する際は、リビングとの接続部分を同等程度の高さにする必要があります。
そのため、木材の下に土台となる部分を設置して、高さと合わせるように平らに設置されます。
この構造こそがウッド(木)デッキ(平らな部分)です。

ウッドデッキは、エクステリアの一部として扱われることが多いです。
そのため、家の建築とは別のコストが必要になるケースがあります。

ウッドデッキの使われる素材は、大きく2種類あります。

1つ目は、天然木材です。
天然木材は高級感があり、サイズも多く、交換や修繕も簡単です。
木は直射日光にさらされても熱くなりにくく、寒さの中でも冷たくなりにくいです。
ただ、日光に当たると色落ちしてしまいます。
しかし、それも天然木材の味として、楽しめるでしょう。

2つ目は、人口木と樹脂木です。
樹脂木は木に近い質感に作られています。
耐候性、耐久性に優れているため、メンテナンスが簡単です。
樹脂木は天然木と比べて熱を吸収しやすいため、注意が必要です。

□ウッドデッキで失敗しないためのポイントについて

ポイントは、大きく2つあります。

1つ目は、設置前の資金計画をしっかりと組むことです。
ウッドデッキは、メンテナンスが必要です。

そのため、設置する際にはメンテナンス費用についても検討しておく必要があるでしょう。
メンテナンス費用を検討せずにウッドデッキを設置してしまうと、劣化するスピードも非常に早いです。
このような事態を避けるためにも、設置前の資金計画はしっかり組んでおくようにしましょう。

2つ目は、ウッドデッキの利用目的をはっきりさせることです。
ウッドデッキをどのように使用するかも具体的に検討しておく必要があります。
具体的な使用用途が決まっている場合、ウッドデッキの広さ、材料、設置する方角がスムーズに決められます。

□まとめ


今回は、ウッドデッキの魅力についてくわしくご紹介しました。
本記事が、新築の住宅にウッドデッキの設置を検討されている方の参考になれば幸いです。
新築の住宅を建てることに不安を感じられている方は、ぜひ当社にお問い合わせください。