注文住宅をお考えの方へ!高気密・高断熱の家で快適に過ごしませんか?

(2021年07月23日)

注文住宅をお考えの方に知っていただきたいのが高気密・高断熱住宅です。
高気密・高断熱住宅の具体的な特徴を知っている方は多くないかもしれません。
そこで今回は、高気密・高断熱住宅とは何かと、メリットをご紹介します。
注文住宅を建てる前にぜひ参考にしてみてください。

□高気密・高断熱とは何か

高気密は、延べ床面積に比べ、コンセントや壁と床などに存在する隙間が少ない住宅のことを指します。
どれだけ腕がいい建築士でも隙間はゼロにはできません。
そこでどれだけ隙間の面積を減らせるかが住宅の気密性の良し悪しを決めます。
気密性が高いと空気の交わりが少なくなります。

高断熱は、壁・床・天井などに断熱材を使用して、熱が伝わることを防いでいる住宅を指します。

これらの2つの特徴が合わさった住宅を高気密・高断熱住宅と言います。

□高気密・高断熱住宅のメリットとは

上記で挙げた特徴を持つと、以下のようなメリットが挙げられます。

1つ目は光熱費を安く済ませられることです。
断熱性を高めることで、内部の気温が外に伝わりにくく、外部の気温も内部に伝わりにくくなり、内部の温度を一定に保てます。
また、気密性を高めることも、空気の入れ替えを断つことができるので、内部の温度が一定に保たれます。

これらの理由により冷暖房効率が上がり、光熱費を安く済ませられます。
四季を通して過ごしやすい環境を作れるのはとても大きなメリットでしょう。

2つ目は結露を防げることです。
高気密・高断熱住宅なら、その断熱性により結露を防ぐことが可能です。
結露は、カビやダニの原因になります。
結露が起こりやすい地域に住んでいる方は、ぜひ高気密・高断熱住宅を建ててみてはいかがでしょうか。

3つ目は遮音性が高い室内環境を作れることです。
音は空気を媒介として伝わっていきます。
そのため、気密性を高めると音が伝わる空気がゼロに近くなるので音が外に伝わりにくく、外からの音も聞こえにくくなります。
交通量が多い道路に隣接している場所に住宅を建てる方は、ぜひ気密性の高い住宅を設計しましょう。

□まとめ

高気密・高断熱住宅について解説しましたがいかがだったでしょうか。
環境にもお財布にも優しい住宅を建てたくなったのではないでしょうか。
建設時は少々お金がかかりますが、普通の住宅より良い暮らしやすい住宅を保証します。
おおい町で、高気密・高断熱住宅について少しでも疑問があればぜひお気軽にご相談ください。