注文住宅を購入しようとお考えの方へ!トイレを充実させるポイントを解説します!

(2021年05月02日)

「トイレにはどのような種類があるのだろう。」
「トイレの内装を考える際のポイントについて知りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

トイレは使用する機会が多いため、なるべく快適な場所にしたいですよね。
そこで今回は、おおい町で注文住宅を検討している方向けに、トイレについて詳しく解説します。

□トイレにはどのような種類がある?

トイレと一口に言っても、大きく3つの種類に分かれています。
それぞれの特徴を知り、予算や好みに合わせて選んでください。

まず1つ目は、組み合わせ便器です。
これは便器、便座、タンクが全て別売りであり、好みに応じて組み合わせられるタイプのトイレです。
価格が比較的安い点や、故障が起こった際にその箇所だけ取り替えれば良いため、修理費があまりかからない点が特徴です。

次に2つ目は、一体型トイレです。
これは、便器、タンク、便座が全てセットのトイレです。
接続部が少ないため、掃除がしやすく見た目もシャープです。
しかし、一部が壊れた際にトイレごと交換しなければならないため、費用がかかります。

最後に3つ目は、タンクレストイレです。
タンクがない分、コンパクトに設計されており、空間を広く使えます。
また接続部が少なく、掃除がしやすい点も魅力です。
しかし、値段は他のトイレに比べて少し高い傾向にあります。

□トイレの内装のポイントは?

トイレ本体の種類について理解したところで、続いては内装について見ていきましょう。
トイレの内装で気をつけておきたいポイントは、以下の3つです。

まず1つ目は、使用する壁紙です。
トイレでは飛び散りが起こることもあるため、どうしても壁や床が汚れてしまいます。
そのため、慎重な壁紙選びが大切です。
壁紙を選ぶ際は、汚れが目立たないデザインで、飛び散った汚れが落ちやすい素材のものを選びましょう。

次に2つ目は、手すりの設置です。
たとえ今の家庭に体が不自由な方がいないとしても、将来に備えて手すりを取り付けておくことをおすすめします。
しかし、むやみやたらに設置すれば良いものではありません。
設置する手すりの高さや太さによって使いやすさが大きく変わるため、実際に使用する場面をイメージしながら考えましょう。

最後に3つ目は、手洗場の設置です。
トイレの中に手洗場を設置しておいた方が、やはり生活する上で便利です。
タンクレストイレのように簡易型の手洗い部分がない場合でも、別で手洗場を取り付けるようにしましょう。

しかし、手洗場の設置場所によっては空間を狭く感じてしまう可能性があるため、トイレの間取りを考える際には、あらかじめ手洗場のスペースを確保しておくことが重要です。

□まとめ

今回は、トイレの種類やトイレの内装を考える際のポイントについて紹介しました。
トイレが使いやすいと、日々の生活のストレスが大きく軽減されます。
注文住宅を検討している方は、今回の記事をぜひ参考にしてください。