注文住宅をご検討中の方必見!吹き抜けをつくるメリットをご紹介します!

(2021年07月02日)

小浜市で注文住宅をお考えの方に知っていただきたいのが、吹き抜けです。
吹き抜けには部屋が明るくなるなどたくさんのメリットがあります。
そこで今回は、住宅の吹き抜けのメリットをご紹介します。
注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□吹き抜けのメリットとは

吹き抜けがある住宅には以下のようなメリットがあります。

1つ目は明るい住宅になる点です。
吹き抜けを作ると、二階の床が邪魔をしていて入ってこなかった日光が十分に住宅を満たし、明るい空間になります。
近隣の住宅が邪魔をして、一階に光が入ってこない場合も、吹き抜けがあれば二階から日光が入るので、明るい部屋になります。

そのため、特に都市部など近隣との距離が近い方はぜひ吹き抜けを作り、住宅を光で満たしましょう。

2つ目は開放感がある住宅になる点です。
吹き抜けを作ると天井が高くなって、住宅に開放感が出ます。
しかし、開放感が出てくるのは吹き抜けの作り方次第なので、開放感を出したい場合は施工前に業者に相談しておきましょう。

3つ目は吹き抜けを通して一階と二階につながりができる点です。
一階と二階のつながりができると空気が一階から二階に通り抜けるので風の通しが良くなります。
また、家族同士が顔を合わせる機会が増えるので、家族の距離感が近くなるのも良い点ですね。

□吹き抜けのデメリットとその対策とは

吹き抜けは以下のようなデメリットがあります。

1つ目は暑くなったり寒くなったりしやすい点です。
吹き抜けを作ると1つの大きい空間になるので、冷暖房が効きづらくなったり、外気の熱が感じやすくなったりします。
しかし、現在の住宅なら、断熱性を高めることでこのデメリットは解消することが可能です。
当社では高断熱の住宅を建てているので、ご安心ください。

2つ目は音が広がる点です。
空間が仕切られていないので、二階の音が一階に、一階の音が二階に響いてしまい、就寝が妨げられてしまいます。
しかし、寝室の防音性を高めることで、吹き抜けを作っても静かな空間で眠れます。

3つ目は匂いが広がる点です。
キッチンの匂いが高い場所にたまり吹き抜け全体が匂ってしまいます。
しかし、キッチンを半個室にすることにより、匂いが拡散しないようにできます。

□まとめ

吹き抜けを作るメリットと、デメリットへの対策をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
デメリットも現代の技術があれば解消できることがほとんどです。
明るくて開放感のある住宅を作りたい方は、ぜひ住宅に吹き抜けを作りましょう。
吹き抜けや注文住宅について何か疑問があれば、ぜひお気軽にご相談ください。