2024年度版子育てエコホーム支援事業とは?申請時の注意点もご紹介! | おおい町・小浜市で注文住宅ならフジホーム(富士良建設)

2024年度版子育てエコホーム支援事業とは?申請時の注意点もご紹介!

(2024年03月27日)

家族の暮らしにおいて、環境に優しい選択は今や必須の考え方です。
特に、省エネルギー性に優れ、家計にも優しい住宅リフォームは多くの人々の関心事です。
この記事では、2024年度の子育てエコホーム支援事業について解説し、その利用方法を紹介します。
エコに敏感な方、未来への投資を考える皆さんにとって、見逃せない情報です。

 

□2024年度子育てエコホーム支援事業とは?

2023年度に続き、2024年度も家族の暮らしをサポートする子育てエコホーム支援事業が注目を集めています。
この事業は、環境配慮と経済性を兼ね備えた住宅リフォームを推進するためのもので、特に若い家族や子育て世帯のサポートを目的としています。

*事業の進化

2023年度の「こどもエコすまい支援事業」から引き続き実施される本事業では、補助金制度がさらに充実。
新築やリフォーム工事を対象とした補助金は、省エネ性能の高い住宅取得や省エネ改修を行うことで、2050年のカーボンニュートラル実現を目指しています。

*補助金額の変更点

最大補助金額は前年度の30~60万円から、20~60万円に調整されました。
しかし、長期優良住宅の認定を受けることで、最大補助金額を維持する道も用意されています。
特定のリフォームにおいては補助金額が増えるため、利用しやすくなっています。

*利用しやすさの向上

補助金額の合計が5万円以上であることが条件とされており、一部リフォームの補助金額の増加により、この条件を満たしやすくなっています。
これにより、より多くの家族が支援の恩恵を受けられるようになりました。

□2024年度子育てエコホーム支援事業を利用する時の注意点

事業の利用を成功させるためには、いくつかの重要なポイントを押さえておく必要があります。

1:申請のタイミング

「早めの申請」が重要です。
予算の上限に達する前に申請することで、支援を受けるチャンスを逃さないようにしましょう。
過去には申請期限前に予算が枯渇した例もあります。

2:補助金の併用

他の補助金との併用が可能かどうかは事前に確認が必要です。
新築・リフォームによって併用の可否が異なりますので、計画前に必ず確認しましょう。

3:補助金額の減額

一定条件下で補助金が半額になることもあります。
特に新築住宅を対象とした場合、特定の区域に立地する住宅は補助金が減額されるため、事前の確認が必須です。

□まとめ

2024年度の子育てエコホーム支援事業は、省エネルギー性能が高い住宅の新築やリフォームを考える若い家族にとって大きなチャンスです。
事業の進化により補助金の制度がさらに利用しやすくなっていますが、成功へのポイントを把握し、早めの申請や他の補助金との併用可否の確認、補助金額の減額条件の理解が重要です。
これらの情報を活用して、賢くエコホーム支援事業を利用しましょう。

当社は、小浜市・おおい町周辺で、家族が一緒に過ごす時間をより楽しくするための注文住宅を提供しています。
心地よい空間でのびのびとした子育てをお考えなら、ぜひお問い合わせください。