ZEHへの取り組み

ZEHとは
ZEHとは

ZEHゼッチとは、暮らしで使用する電気エネルギーが実質ゼロの住宅のことをいいます。

「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
太陽光発電を設置して創工ネすれば、容易にゼロエネ住宅が実現します。
また、一般住宅の基準値より断熱性能が高いので、暖房・冷房費が少なくすみ、かつ、快適で健康的な住まいを実現します。

ZEHとは暮らしで使用する電気エネルギーが実質ゼロの住宅

「断熱性能の強化」や「省エネ機器の導入」により、使うエネルギーを削減します。電気エネルギーが実質ゼロの住宅

ZEHのメリット

①太陽光でおトクに:太陽光発電で創ったエネルギーで使うエネルギーをまかなえます。
また、エネルギーが余った場合は売電も可能です。

②高気密高断熱で快適:外気温の影響を受けにくいため、「省エネ効率」が高まります。
また居住空間全体をむらなく均一にできるので、温度差が生じにくいのも特徴です。

③万が一にも安心:停電時にも太陽光が出ている時間は電気が使用できます。
また、エコキュートの貯湯タンクのお湯は断水時に活躍します。
いざという時にも備えられます。
電気エネルギーが実質ゼロの住宅

2030年に向けてZEHの家が広がっています

フジホームでのZEH取り組みフジホームでのZEH取り組み

フジホームでのZEH取り組み
フジホームでのZEH取り組み

・過剰な設備投資を行わず、誰もがZEHに住める「普及価格帯」での提案とし、住宅本体も長期優良住宅・ZEH仕様としていくことで、より性能の高い住宅がストックされていくようにしていきます。

・「太陽光発電の普及」「地球環境負荷低減」「高性能住宅の普及と長寿命化」「自然エネルギーの活用」「消費エネルギーの低減」など、ZEHの普及に取り組みます。
また、一般の方に知ってもらえるようPRし、積極的に建築中や完成後の一般公開を行っていきます。

・「住宅履歴書」を導入していますが、ZEHの普及促進とともに、維持管理を徹底していきます。
・住まいを通し、節電意識や維持・メンテナンスの大切さを住宅取得者に意識してもらうことが重要だと考えます。
ZEHは、環境負担・家計負担が軽減される、地球と私たちに優しい住宅です。

ZEH実績と目標

当社で建築する住宅のZEH仕様の割合が、2020年には50%以上になることを目標に、普及に努めていきます。

2018年度~2020年の目標を上方修正しました。
今後もホームページに記載して、普及に努めます。

フジホームでのZEH目標
安心・快適な住まいにAI+IoTをプラス

AI+IoTを取り入れ、日々の様々なシーンで便利に快適にお客様をサポートします。
未来の住まいZEH-NEOの魅力をご紹介します。

01 最新技術を活用した住まいなら、もっと便利に、快適に。
ZEHとは

①スマートスピーカーで家電を操作
②外からでもネットワークカメラで見守れる
③室内の温度・湿度が管理できるマルチセンサー
④マルチリモコンで外から照明や家電をコントロール
⑤家事の動線を工夫し負担を軽減
⑥高気密・高断熱で冬でも暖かい住まい

02 環境にも家計にもやさしい太陽光発電&オール電化

①太陽光発電7.25kw搭載で電気代を大幅削減
②光熱費を節約できるオール電化住宅

03 万一の地震や火事でも安心な、職人がつくる高水準の住まい

①最高ランクの耐震等級3で安心
②家族や財産を守る省令準耐火構造
③長く快適に住まうための長期優良住宅

04 外観や室内の各所に光る、こだわりのデザイン

①高級感を演出する外観デザイン
②広々とした上質な空間を折上天井で演出
③心地よい時間を演出する天然木のぬくもり

未来の住まいZEH-NEOは国が定めた基準などを満たしているので様々な補助金の対象になります。